もともと読書好きだった私は、学生時代、暇さえあれば本を読んでいました。

日々の生活の中で一番のお気に入りの場所は「図書館」。

しかし、社会人になって働き出すと、日々の仕事に忙殺され、
まともに読書する時間が取れなくなってしまいました。

私にとってそれはかなりのストレスで、そのストレスを発散するために、
ソーシャルゲームにハマったり、特に興味もない動画を垂れ流しにして見るなど、
読書する時間がないと言っている割には読書以外のものに時間を費やすという状況に陥っていたのです。

そんな時に出会ったのが「オーディオブック」でした。

始めはただ本を読み上げただけの音声にそれほど魅力を感じなかったのですが、
いざ聴き始めてみると、他のことをしながら本の内容を聴くことが思いの外、有意義であることに気づきました。

ながら作業をしながら聴いても本の内容なんて入ってこないんじゃないか。

しかし、何度も繰り返し聴くことで、本を実際に読むのと変わらない理解度を得られるようになっていたのです。

この「耳からウロコ」というサイトでは、かつての私と同じように、「読書する時間がない」と悩まれている方向けに、オーディオブックの魅力とその使い方について解説してまいります。

サイトの中では私「UROKO」と、オーディオブック初心者の「MERON」が登場します。

ぜひみなさんの読書ライフにお役立て下さい。



UROKO
オーディオブック歴5年。
これまで聴いてきたオーディオブックは300冊。
好きなオーディオブックは『お金の流れでわかる世界の歴史
富、経済、権力……はこう「動いた」』

 

MERON
オーディオブック初心者。
オーディオブックに興味はあるもののどう聴いたらいいか分からない。